著書・メディア・講演会

メディア

ダイヤモンドオンライン「在宅での認知症介護 『何度も同じことを言われて、もう辛い』 と感じた時、試してほしい2つの方法」が公開されました

認知症の方が同じことを繰り返し話される時、一般的には
「目を見て話しましょう」
「否定せずに共感的に話を聞きましょう」
という態度で接することが推奨されています。

しかし、介護者のほとんどは、心身をギリギリまで削って介護に時間を割いています。
介護する側に十分な心の余裕がないと、理想の接し方はできないのです。

そこで、余裕がない時にはどう対応すればいいかをまとめました。

介護に関わる皆様のお役に立てたらと願っています。

メールマガジン

無料メールマガジン「介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント」

 

・介護を楽にするヒント

 

・介護と仕事の両立のコツ

 

・メンタルケアの方法

 

・家族や行政、支援スタッフとのコミュニケーションのポイント

 

・寄せられた相談への回答

 

などを配信しています。

 

 
登録ページへ

著書「がんばらない介護」

 

「会社を辞めなければ在宅介護はできないの?」

 

「誰に相談したらいいの?」

 

「イライラや無力感、絶望感でいっぱいです」

 

「友人が介護で大変そうだけれど、どう声をかけていいかわからない」

 

今まさに介護に直面している方、将来介護する・されることが不安な方のために、介護にまつわる36の心構えを徹底解説!

がんばらない介護(ダイヤモンド社)

PAGE TOP